水素ガス吸入は美容と健康をサポートします!

受付時間:9:00 - 18:00

03-6833-0362

info@w-wiz.jp

水素ガス吸入と健康

悪玉活性酸素が発生すると、酸化からはじまり、老化を加速させ、やがては病気を引き起こします。「水素は体内でも生成されている」という学説もまた事実ですが、その量はほんのわずかなうえに、加齢とともに体内生成されなくなると言っても過言ではありません。

水素は身体の酸化を防ぐことによってこうした負のスパイラルを断ち切れるチカラを秘めているのです。

次の効果にも期待されています。

・脂肪の代謝がアップ、たんぱく質生成遺伝子に作用、脂肪燃焼の補助の役割

・便秘の解消

・抗炎症作用、口内炎、解熱、傷口をキレイにする

・抗アレルギー作用アトピー性皮膚炎、肌荒れ

・アスリート向け乳酸値(疲労物質)が3分の1まで低下

水素ガス吸入とアスリート

運動やスポーツは一般的に身体に良いとされていますが、激しい筋肉運動では酸素消費量が増え、その結果大量の活性酸素が発生します。発生した悪玉活性酸素は酸素や栄養を運ぶ血管を酸化させ、動脈硬化の原因になります。水素には強力な選択性抗酸化作用(悪玉活性酸素のみ除去)があります。いくら筋肉を強化しても内臓細胞が老化(酸化)してしまってはもともこもありません。運動中・前後にできるだけ多くの水素を摂取することがもっと良い運動方法と言えます。水素は他にもスポーツとって大切な効果をもたらします。激しい運動としてウエイトトレーニングを1時間行った場合の血中乳酸値(疲労物質)を測定したところ、水素を服用した群では服用しなかった群に比べて疲労物質である乳酸値が1/2〜1/3に減ったのです。乳酸がたまらなければ疲労も少ないということですから、これはどんなスポーツ選手にも朗報です。

また水素は血管を拡張させる働きがあります。これは水素摂取により血管拡張作用のある一酸化窒素が増加するためです。これで酸素や栄養が末梢まで行きわたります。

スポーツや運動をする人にとって、疲労の軽減、体内の酸化の防止、運動・競技生命の延長など”水素”は絶対的に必要な摂取物質と言えるかもしれません。

 

水素浴と美容

皮膚は紫外線により発生した活性酸素や過酸化皮質、日常生活などでの刺激や乾燥にさらされています。それらはアレルギーのような炎症や、シミ、しわ、肌荒れといった症状に繋がります。それらを改善するためにはビタミンC化粧品などが用いられますが、水溶性であり皮膚からはわずかしか吸収されません。その点水素ガスは容易に皮膚から経費吸収され拡散し肌荒れの最大の原因となる活性酸素を除去しますので、手・肌荒れの改善に効果が期待できます。

 

カラーリングやパーマ、整髪料などの薬剤の使用による毛髪と頭皮の酸化現象は、悪玉活性酸素の元となり、毛髪と頭皮のダメージとなります。水素浴ぬくもりによる水素洗髪は体験者の多くから「髪質が良くなった」「髪のパサつきがなくなった」と水素洗髪をする以前と比べて良くなったというお声を多く頂いております。水素浴ぬくもりで、毎日の洗髪が上質の水素トリートメントとなり、毛髪・頭皮でお悩みの方の問題改善につながることが期待できます。

 

シミや色素沈着や黒ずみは、皮膚の老化に伴う悪玉活性酸素が肌をサビさせることが要因のひとつです。それをケアする観点から水素浴ぬくもりによる水素浴・水素洗顔を日々行う事で、高濃度水素の経皮吸収による悪玉活性酸素の除去作用が行え、日々水素洗顔することで「肌の透明感が上がる」「シミが薄くなる・シミが目立たなくなる」「体の色素沈着や黒ずみが薄くなる・目立たなくなってくる」などの効果が期待できます。

 

水素ガス吸入と相乗効果

・加圧トレーニング X 水素ガス吸入

加圧トレーニング後に血流を再開すると脳梗塞や心筋梗塞のように「虚血性再灌流現象」がおこり活性酸素が作られます。そのため、加圧トレーニングの前後の水素ガス吸入を30分間行うことによりトレーニング後の筋肉痛や活性酸素による筋肉の老化を予防することに期待できます。

 

・高圧酸素カプセル X 水素ガス吸入

酸素カプセルに入る前後に水素ガスを吸入すれば、乳酸を効率よく燃焼させ、かつ発生する活性酸素を除去し高圧酸素との相乗効果で疲労からの回復をいっそう早めることに期待できます。

 

・温熱療法 X 水素ガス吸入

好気性代謝は、酸素を使わない解糖系代謝の17倍のエネルギーを産生しますが、活性酸素も発生します。温熱療法と水素ガス吸入を併用することで活性酸素は除去されます。好気性代謝の効率そのものも改善し基礎代謝が高まり太りにくくストレスや病気になりにくくなることに期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・マッサージ X 水素ガス吸入

水素ガス吸入をマッサージ前後に行うと、筋肉痛の乳酸や活性酸素が減り、炎症が治まり翌日に経験する筋肉痛も軽減することに期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・高周波・低周波治療器 X 水素ガス吸入

電気治療は電気で筋肉を刺激して自らの筋肉を動かすため、筋肉は運動の時と同じようにエネルギーを使い収縮を繰り返します。そのため乳酸は増加し、活性酸素は蓄積します。水素ガス吸入を理学療法と同時に行うと、乳酸と活性酸素は減少します。さらにリハビリ後の筋肉痛は軽減し、筋肉細胞のミトコンドリア機能が高まり、筋力がつきやすくなることに期待されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚は紫外線により発生した活性酸素や過酸化皮質、日常生活などでの刺激や乾燥にさらされています。それらはアレルギーのような炎症や、シミ、しわ、肌荒れといった症状に繋がります。それらを改善するためにはビタミンC化粧品などが用いられますが、水溶性であり皮膚からはわずかしか吸収されません。その点水素ガスは容易に皮膚から経費吸収され拡散し肌荒れの最大の原因となる活性酸素を除去しますので、手・肌荒れの改善に効果が期待できます。

 

カラーリングやパーマ、整髪料などの薬剤の使用による毛髪と頭皮の酸化現象は、悪玉活性酸素の元となり、毛髪と頭皮のダメージとなります。水素浴ぬくもりによる水素洗髪は体験者の多くから「髪質が良くなった」「髪のパサつきがなくなった」と水素洗髪をする以前と比べて良くなったというお声を多く頂いております。水素浴ぬくもりで、毎日の洗髪が上質の水素トリートメントとなり、毛髪・頭皮でお悩みの方の問題改善につながることが期待できます。

 

シミや色素沈着や黒ずみは、皮膚の老化に伴う悪玉活性酸素が肌をサビさせることが要因のひとつです。それをケアする観点から水素浴ぬくもりによる水素浴・水素洗顔を日々行う事で、高濃度水素の経皮吸収による悪玉活性酸素の除去作用が行え、日々水素洗顔することで「肌の透明感が上がる」「シミが薄くなる・シミが目立たなくなる」「体の色素沈着や黒ずみが薄くなる・目立たなくなってくる」などの効果が期待できます。

 

水素ガス吸入と健康

悪玉活性酸素が発生すると、酸化からはじまり、老化を加速させ、やがては病気を引き起こします。「水素は体内でも生成されている」という学説もまた事実ですが、その量はほんのわずかなうえに、加齢とともに体内生成されなくなると言っても過言ではありません。

水素は身体の酸化を防ぐことによってこうした負のスパイラルを断ち切れるチカラを秘めているのです。

次の効果にも期待されています。

・脂肪の代謝がアップ、たんぱく質生成遺伝子に作用、

 脂肪燃焼の補助の役割

・便秘の解消

・抗炎症作用、口内炎、解熱、傷口をキレイにする

・抗アレルギー作用アトピー性皮膚炎、肌荒れ

・アスリート向け乳酸値(疲労物質)が3分の1まで低下

水素ガス吸入とアスリート

運動やスポーツは一般的に身体に良いとされていますが、激しい筋肉運動では酸素消費量が増え、その結果大量の活性酸素が発生します。発生した悪玉活性酸素は酸素や栄養を運ぶ血管を酸化させ、動脈硬化の原因になります。水素には強力な選択性抗酸化作用(悪玉活性酸素のみ除去)があります。いくら筋肉を強化しても内臓細胞が老化(酸化)してしまってはもともこもありません。運動中・前後にできるだけ多くの水素を摂取することがもっと良い運動方法と言えます。水素は他にもスポーツとって大切な効果をもたらします。激しい運動としてウエイトトレーニングを1時間行った場合の血中乳酸値(疲労物質)を測定したところ、水素を服用した群では服用しなかった群に比べて疲労物質である乳酸値が1/2〜1/3に減ったのです。乳酸がたまらなければ疲労も少ないということですから、これはどんなスポーツ選手にも朗報です。

また水素は血管を拡張させる働きがあります。これは水素摂取により血管拡張作用のある一酸化窒素が増加するためです。これで酸素や栄養が末梢まで行きわたります。

スポーツや運動をする人にとって、疲労の軽減、体内の酸化の防止、運動・競技生命の延長など”水素”は絶対的に必要な摂取物質と言えるかもしれません。

 

水素浴と美容

皮膚は紫外線により発生した活性酸素や過酸化皮質、日常生活などでの刺激や乾燥にさらされています。それらはアレルギーのような炎症や、シミ、しわ、肌荒れといった症状に繋がります。それらを改善するためにはビタミンC化粧品などが用いられますが、水溶性であり皮膚からはわずかしか吸収されません。その点水素ガスは容易に皮膚から経費吸収され拡散し肌荒れの最大の原因となる活性酸素を除去しますので、手・肌荒れの改善に効果が期待できます。

 

カラーリングやパーマ、整髪料などの薬剤の使用による毛髪と頭皮の酸化現象は、悪玉活性酸素の元となり、毛髪と頭皮のダメージとなります。水素浴ぬくもりによる水素洗髪は体験者の多くから「髪質が良くなった」「髪のパサつきがなくなった」と水素洗髪をする以前と比べて良くなったというお声を多く頂いております。水素浴ぬくもりで、毎日の洗髪が上質の水素トリートメントとなり、毛髪・頭皮でお悩みの方の問題改善につながることが期待できます。

 

シミや色素沈着や黒ずみは、皮膚の老化に伴う悪玉活性酸素が肌をサビさせることが要因のひとつです。それをケアする観点から水素浴ぬくもりによる水素浴・水素洗顔を日々行う事で、高濃度水素の経皮吸収による悪玉活性酸素の除去作用が行え、日々水素洗顔することで「肌の透明感が上がる」「シミが薄くなる・シミが目立たなくなる」「体の色素沈着や黒ずみが薄くなる・目立たなくなってくる」などの効果が期待できます。

 

水素ガス吸入と相乗効果

・加圧トレーニング X 水素ガス吸入

加圧トレーニング後に血流を再開すると脳梗塞や心筋梗塞のように「虚血性再灌流現象」がおこり活性酸素が作られます。そのため、加圧トレーニングの前後の水素ガス吸入を30分間行うことによりトレーニング後の筋肉痛や活性酸素による筋肉の老化を予防することに期待できます。

 

・高圧酸素カプセル X 水素ガス吸入

酸素カプセルに入る前後に水素ガスを吸入すれば、乳酸を効率よく燃焼させ、かつ発生する活性酸素を除去し高圧酸素との相乗効果で疲労からの回復をいっそう早めることに期待できます。

 

・温熱療法 X 水素ガス吸入

好気性代謝は、酸素を使わない解糖系代謝の17倍のエネルギーを産生しますが、活性酸素も発生します。温熱療法と水素ガス吸入を併用することで活性酸素は除去されます。好気性代謝の効率そのものも改善し基礎代謝が高まり太りにくくストレスや病気になりにくくなることに期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・マッサージ X 水素ガス吸入

水素ガス吸入をマッサージ前後に行うと、筋肉痛の乳酸や活性酸素が減り、炎症が治まり翌日に経験する筋肉痛も軽減することに期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・高周波・低周波治療器 X 水素ガス吸入

電気治療は電気で筋肉を刺激して自らの筋肉を動かすため、筋肉は運動の時と同じようにエネルギーを使い収縮を繰り返します。そのため乳酸は増加し、活性酸素は蓄積します。水素ガス吸入を理学療法と同時に行うと、乳酸と活性酸素は減少します。さらにリハビリ後の筋肉痛は軽減し、筋肉細胞のミトコンドリア機能が高まり、筋力がつきやすくなることに期待されています。